第10話 女系       芦野信司(挿絵も)

十二月二十九日は燃やすゴミの日で、ゴミ出しの最終日であった。会社に行く出がけに家近くのゴミの集積所にゴミ袋を運ぶのが邦夫の日課。年末の休暇に入ってもそれは同じで、邦夫は順子が用意した袋を運んで行った。朝からよく晴れていて、年末年始は好天が続くという予報だった。  近所の家々もそこはかとなく忙しない。まだ八時だというのに窓を全開にして障子の張り替えをしている家がある。自宅前の道を竹箒を使っている人がいる。どの家も年用意で忙しいようだ。邦夫も、順子が朝食の支度をしている間、外回りと玄関の掃き掃除を終えた。  美由紀が二階から下りてきて、朝食となった。二十三日の衝突のしこりはまだあったが、少しずつではあるが家庭内の雰囲気が改善しつつあった。順子の顔色がここ数日明るいのだ。新しいパッチワークにいそしんでいるせいかもしれなかった。 「お父さんは今日休んでいてちょうだい。新年の買い出しで時間がかかるんで、車借りるわよ。お昼は、冷蔵庫にいろいろ入っているからレンジでチンしてもらってもいいし、面倒だったら外食してね」 「買い出し、私も行く」と美由紀。 「……… そう、時間かかるわよ。いいの?」 「大丈夫。勉強はほぼ完璧。ソルフェージュを地道にやって、これからは体調管理が一番大事かな」 「宝塚も受けるんだろう?そっちは大丈夫なのか?」  邦夫が口を挟んだ。 「……… 第一次試験が川崎であるんで、それだけは受けさせてください。面接試験で、すごく倍率が高い………」  美由紀の声…

続きを読む

第9話 絶対に欲しいもの かがわとわ

   「ねえ、うちに来ない? ピノンでケーキ買ってさ、一緒に食べない?」  そう言ったユッコは、言ったそばから口を押えて、 「あっ、やばい。だめだ。ごめん」  と、否定してきた。 「何それ。口はもうピノンのケーキ、心はユッコのうちになっちゃってるんだけど」  秋江は口を尖らせた。今日のユッコは、何かおかしい。 「なんでだめなのよ?」  ユッコを、もう一度下から覗き込んでちょっと睨むと、 「お母さんにね、友だちと会うって出て来たの」 「友だちじゃん」 「アッキーだとは言わないでおこうと思って……あ~そうだった……ごめん」 「おばさんが、私と会うのは困るから? 夫がチカンしたかも知れない子が来たら……」  ユッコは、また何か考えている様子だったが、 「お母さんも可哀想だし、アッキーだって」 「おばさん、家にいるもんね」 「私が出る時はいたから。でも買い物とかに行っちゃったかも知れないし……そこまでわかんないけど、いる確率は多いから」  秋江は、邪慳に扱われた被害者のような気持ちになって、イラッとした。 「じゃあ、もう帰る」  いきなり駆け出すと、狙い通りにユッコが追ってきた。 「ごめん! 待って!」  ユッコの手が、秋江の腕を捉えた。  振り向きざま、秋江はユッコに、 「さっきから、ごめんて何回言った? ねえ、どうして今日は私と会う気になったの?」 「──それは。やっぱり会いたいなと思って」  ユッコの手が、おずおずと離れるのを残念に思いながら、 …

続きを読む

第8話 お針子     黒崎つぐみ

イブの夜、美由紀は楽しかったのだろうか?形だけのクリスマスパーティー。 順子は冷蔵庫の隅の、キャセロールに避けてあった食べ残しのビーフシチューを温め直し、ひとりお昼の食卓に着いた。午前中遅くまで寝ていた美由紀は友達に会う約束があると出かけていった。あれから3日経っても、いつものように仕事へ出かけて行く邦夫に、イブの夜、パチンコ屋で見かけたことは言えずにいた。あの日、冷たい雨に降られ、すっかり冷え切っていた体は3日経った今朝になってもまだ冷たい気がした。 邦夫もあの日は傘を差さずに帰って来たという。 「迎えに来て」 そのひとことが出ずに濡れて帰宅した。その電話があればもっと近くに感じられただろう。  昼過ぎ、今にも降り出しそうな暗い雲が鬱陶しい天気だったが 順子は気分を変えたいと思った。正月の支度にはまだ早い師走の街にパッチワークの布を見に出かけた。薄手のコートを羽織ったが、「新しいコート一枚くらい買っても罰は当たらない」と少し奮発する冒険心だけをお財布に詰めて、結局、布だけを買ってくる自分を良く知っていた。 ユザワヤは横浜ベイサイドにもある。しかし順子は日吉で乗り換え、市営グリーンラインに乗り、都筑センター北駅で降りる。「あいたいショッピングタウン」にその店はあった。横浜駅のキラキラしたベイサイドエリアは若向きの店が多く落ち着かない。どちらかと言うと100円ショップなどが並ぶ庶民的なセンター北駅付近のほうがゆっくりと買い物ができた。ショッピングタウンは、ところどころにまだク…

続きを読む