第19話  父が怖い      芦野信司

日吉の音楽スクールの一月二回目の授業は、翌週の土曜日午後一時からだった。  順子は、大丈夫?一人でいける?と心配したが、美由紀は「大丈夫」と頷いた。  ダウンのコートにジーパンをはきトートバッグを肩に下げ、大倉山駅の改札を通った。左手の事務室に目を走らせると、この間の夜の事務室の光景が脳裏に浮かんだが、昼の明るさの中で清潔そうな快適な室内がちらっと垣間見えただけだった。  順子に見得を切った美由紀ではあったが、本当は平気でいられるかどうかの自信はなかった。事前に何度も、電車に乗って日吉駅に着いてスクールまでの道を歩く自分の姿を想像していた。防犯ブザーが役に立つことは分かったが、肝心のその時は使えなかったので、電車に乗っているときは、手の中に握っていようとか、別の道具、たとえばスタンガンを持とうかとかいろいろ考えた。あの時の悔しさを思うと、血が体中を駆けめぐる。いろいろ考えた末に美由紀が出した結論は、ボールペンを握っていようということだった。要は素早く反撃することだと考えた。ボールペン一本でも反撃はできる。  ホームで電車を待つ美由紀の右手には、コートの袖に隠れてはいたがしっかりボールペンが握られていた。  電車が着た。ドアが開いた。  空いている席があったら座ろうと思う。痴漢にあう確率を減らすためだ。降りる人がいて席が一つ空いたなと思ったら、傍に立っていた白髪の老婆が座ってしまった。あとは無かったので、美由紀は、ドアのところに立った。体を車内の方に向けた。もうぼんやり外を見ていたり…

続きを読む

第18話 秋江、キレる かがわ とわ

骨太で艶のない、けれどしなやかにうねる男の手が、木目をなぞる。慈しむようにゆっくりと。確かめるように丹念に。手の平で。指先で。木目と絡む指のアップ画面に、手の持ち主の声が重なる。 「触りながら、厚くするところと薄くするところを見極めます。音の高低、響きはこれで決まる。大事な作業です」  秋江は、たまたまつけたテレビの「琴職人の仕事」という映像に釘付けになっている。自室のベッドに腰掛け、腕を後ろについてぼんやり見ていたはずが、気づくと前のめりで画面を凝視していた。 「木の声を聴く、といいますか。最高の音色が出せるように削ってゆきます。丹念に撫でて探ります」 いつの間にか、おじさんの指がそれに重なる。おじさんの指は、もっと細くて長いけれど……。カラオケ店で見た、猫を創る指。巾着から出した端切れの山を崩す時の。より分けて並べる時の。丸いロータリーカッターを扱う時の。尖ったピンセットでつまむ時の。ボンドをちょんとつける時の。中指の腹でそっと押して整える時の。鋏と手が一体化する時の。鋏クロスに専用油をそっと垂らす時の。時の。時の──。  ──「お父さんて、ピアノを弾く前に指が震えるのよ」  ふいにユッコの声が脳内をよぎる。自慢するような庇うような声色だった。ユッコから「チカンされた」と衝撃のLINEが着信したのは、一月半ば過ぎ。話が話なので、LINEのやりとりを途中で電話に切り替えた。ユッコは、話しながら洟をすすったり、興奮して早口になったりで、被害に遭ってから母親に迎えに来てもらうまで、更に…

続きを読む

第17話  ドライヤー        黒崎つぐみ

「木田さんのお宅ですか」 「はい、そうですが……」 「こちらは港北警察署のものです。木田美由紀さんのお母様でしょうか」 「美由紀に何かあったのですか」 「電車内で痴漢の被害に遭われました。大倉駅構内でお預かりしています。迎えに来られますか」 淡々と電話の声は事実だけを告げる。 順子は携帯電話と財布を手に持ち、コートも羽織らずに家を飛び出していた。1月街は12月とは違う冷たい風が吹いていた。駅までの道を速足で辿る。道すがら邦夫に携帯から電話した。コールが8回虚しくなったが邦夫は出ない。 震える手でLINEに文字を打ち込む。 (美由紀、痴漢された。大倉駅に早く来て) 信号待ちをしていたらピコンと携帯が鳴った。 (すぐ会社を出る) LINEの青い画面がやけに暗く感じる。 大倉駅までがいつもより遠い。 改札口で駅員に 「警察から電話をもらった木田です」 それだけ言うと 「こちらへどうぞ」 と、すぐ横の事務室へ案内してくれた。 ドアの向こうに、警察署員や駅員に埋もれるようにして美由紀が座っている。 順子の顔を見つけると、美由紀の目に涙があふれてきた。駅員に椅子をすすめられると順子は美由紀の手を取り撫でた。順子の冷たい手に美由紀の熱が伝わって来る。美由紀の頭を抱え込むようにして抱き寄せた。順子はその頭から美由紀が感じた不安や恐怖を自分の胸に取り込むことが出来たらどんなにいいだろう、と思った。 「署の方で調書を書いてもらっていいですか」 二人が落ち着くまで数分待って…

続きを読む