第23話  笑顔   黒崎つぐみ

2月8日午後、秋江の母美怜が木田家にやって来た。暖房の効いたリビングから、美怜を玄関の外まで見送った順子の頬に、立春を過ぎたとはいえ身を切るような風が吹きつける。その風の中をピンクグレーのチェスターコートを着た美怜が振り返らずに颯爽と歩いて行く。順子は、美怜の後姿が曲がり角を曲がるまで、いつ振り向かれても会釈をする体勢で見送っていた。結局曲がり角でも美怜の視線はこちらに向けられることはなかった。順子は見えなくなった美怜に一礼すると、玄関のドアを開けた。冷たい空気が順子の体に纏わりつくように家の中まで入ってきた。テーブルに置かれた手土産の生チョコ大福を見つめたまま、数分前まで美怜の一言ひとことに気押されて、その赤い唇から次にどんな言葉が飛び出すのか、ビクビクしながら対応した小一時間を反芻してみた。  秋江は痴漢に遭った日のことを全部美怜に話したのだろう。美怜が邦夫を痴漢の犯人と疑い、真偽を自分の目で確かめる目的でやって来たことは明白だった。しかし、邦夫を非難する言葉は一言も発しない。それどころか、自分の子どもたちが邦夫に対して疑惑の目で働きかけた非礼を詫びた。その徹底した態度は潔く、明るい。気品さえ感じられた。美由紀が痴漢の被害にあったと知るや、痴漢撲滅運動への参加を要請するあたり、さすがに県会議員の奥様だと、順子はその押しの強さに、自分にはない覇気のようなものさえ感じたのだった。いっぽう順子は「お父さんは痴漢?」と美由紀が父に聞いたときから疑いの目で邦夫を見ていた。邦夫はこの家の中に居場…

続きを読む