第19話  父が怖い      芦野信司

日吉の音楽スクールの一月二回目の授業は、翌週の土曜日午後一時からだった。  順子は、大丈夫?一人でいける?と心配したが、美由紀は「大丈夫」と頷いた。  ダウンのコートにジーパンをはきトートバッグを肩に下げ、大倉山駅の改札を通った。左手の事務室に目を走らせると、この間の夜の事務室の光景が脳裏に浮かんだが、昼の明るさの中で清潔そうな快適な室内がちらっと垣間見えただけだった。  順子に見得を切った美由紀ではあったが、本当は平気でいられるかどうかの自信はなかった。事前に何度も、電車に乗って日吉駅に着いてスクールまでの道を歩く自分の姿を想像していた。防犯ブザーが役に立つことは分かったが、肝心のその時は使えなかったので、電車に乗っているときは、手の中に握っていようとか、別の道具、たとえばスタンガンを持とうかとかいろいろ考えた。あの時の悔しさを思うと、血が体中を駆けめぐる。いろいろ考えた末に美由紀が出した結論は、ボールペンを握っていようということだった。要は素早く反撃することだと考えた。ボールペン一本でも反撃はできる。  ホームで電車を待つ美由紀の右手には、コートの袖に隠れてはいたがしっかりボールペンが握られていた。  電車が着た。ドアが開いた。  空いている席があったら座ろうと思う。痴漢にあう確率を減らすためだ。降りる人がいて席が一つ空いたなと思ったら、傍に立っていた白髪の老婆が座ってしまった。あとは無かったので、美由紀は、ドアのところに立った。体を車内の方に向けた。もうぼんやり外を見ていたり…

続きを読む