第15話 シェーレ01  かがわとわ

【 初めまして。シェーレ01さんの、崇拝者のひとりです。美由紀さんの親友、東坂秋江の兄でもあります。是非今度、秋江と共にお目にかかりたいのですが、いかがでしょう。お返事お待ちしております 】  真斗がシェーレ01のツイッターにダイレクトメッセージを送ったことで、秋江はその日のうちに、おじさんに連絡を入れることにした。スマホのメッセージ機能を通じて、電話番号からおじさんにメッセージを送信すればいい。年末に大倉山駅の入り口で待ち伏せした時にこちらの電話番号を教え、一度やりとりしているから、履歴で向こうの番号はゲット済みだ。おじさんがLINEを入れているか訊いておけば良かった。秋江は十八歳未満なので、こちらからはLINEの友だち検索機能が使えない。とにかく急がないとやばい。つじつま合わせをしなければ。 「秋江です。兄がそちらにメッセージを送信したと思います。まだ見てなかったら、見て下さい。驚かせてすみません。スバリおじさんは、シェーレ01ですよね。それについて、相談したいことがあります」  とりあえずそこまで送信して、続きを入力していると、すぐ返信が戻って来た。 「明日午後一時に、こちらから電話する。電話を受けても問題ない場所にいるように」 「了解です。まだ兄には返信しないで下さい」  翌四日。秋江は「ちょっとコンビニ行ってくる」と、スマホとお財布を持って家を出た。近所のコンビニの、駐車スペース。店から離れた端っこのほうで待っていると、一時きっかりに着信があった。わかっていながら、びくっ…

続きを読む