第14話  憑依   黒崎つぐみ

 順子が黒豆をシンクにぶちまけて以来、正月三が日はよそよそしい空気が家族に流れていた。ほとんど買ってきて詰め替えただけのお節料理をつまみ、お昼ご飯はお雑煮と焼餅のローテーション。台所の片づけを終えると順子はパッチワークに取り掛かる。年末に芸能プロダクションの鈴木という男にパッチワークの縫子にならないかと声をかけられた。アイドルタレントの代わりにパッチワークの作品を作るという仕事が、突然、順子に降って来た。渡された布と型紙。3週間という期限。その期間を経てできた作品が鈴木の要求するレベルに達していればの話だ。アイドルの作品であるという嘘をつかなければ、自分が作ったキルト作品が売れるわけがない、と順子にはわかっていた。鈴木の「ご家族にも内密に」という言葉は、共犯者としての罪悪感も共有するものだった。順子は「ただ鈴木に依頼された作品を作るだけだ」と思うことにした。三が日は化粧もせず、髪もボサボサのまま、ひたすら針だけを動かした。没頭することで邦夫のことも気にしないようにした。 「お母さん、ずいぶん沢山作るのね」 「うん、気分が乗っている時ってあるじゃない」 順子は顔だけを美由紀向けそう言うと、すぐ針仕事に戻った。 「よし、私も頑張ろうっと」 美由紀は自室に閉じこもり受験勉強の続きをしているようだ。あと2週間で鈴木にできたものを渡さなければいけない。時間をかけた分、3日で全体の3分の1くらいの工程が終わっていた。仕事が捗ると、捗っただけまた没頭する。夕方になり部屋の中が暗くなっていくのも…

続きを読む