第12話 協力者 かがわとわ

ユッコから誘いがあり、秋江は年明け三日に初詣に行った。大倉山駅から近い師岡熊野神社にしたのは、ユッコが「リキ入れて晴れ着で行くから、遠くはきつい」と言ってきたからだ。由緒ある立派な神社なので参拝者は多く、ユッコは「帯が苦しい」と人混みに酔った感じになってしまい、早めに去ることとなった。帰り道、少し持ち直したユッコは、「お母さんの若い時の着物を着付けてもらったの。宝塚に入れば、自分で着られるように練習するんだよ」とか、「芸能関係の神社は、東京にも神奈川にもいくつかあるから、受験前にまわろうかな」と言ったそばから、 「お願いした内容を人に教えると叶わないんだって。だから、ひ、み、つ」  と、しなをつくってみせた。──梅と牡丹が鮮やかに開く柄は、ユッコのすらりとした体にバッチリ似合うけど、色気のようなものは感じない。 「教えてもらわなくても、わかってるし」 「アッキーは? 何お願いしたの?」 「もう、ユッコったら。私には聞くんだ。いいよ、教えてあげる。言ったら叶わないとか、信じてないし。そもそもお願いじゃなくて、宣言だから。私の初詣は」 「相変わらずだね。で、なになに?」 「迷ったら、やるほうを選ぶ。今年は、それを貫く」  帰宅してのんびりしていると、ユッコからLINE電話があった。 「今日はごめんね。着物脱いだら天国のように楽になった」 「天使みたいに軽くなった? でも、似合ってたよ」 「──うちのおせちの黒豆。お母さんの煮たやつじゃなくなっちゃったの」 「は? 黒豆? う…

続きを読む