第8話 お針子     黒崎つぐみ

イブの夜、美由紀は楽しかったのだろうか?形だけのクリスマスパーティー。 順子は冷蔵庫の隅の、キャセロールに避けてあった食べ残しのビーフシチューを温め直し、ひとりお昼の食卓に着いた。午前中遅くまで寝ていた美由紀は友達に会う約束があると出かけていった。あれから3日経っても、いつものように仕事へ出かけて行く邦夫に、イブの夜、パチンコ屋で見かけたことは言えずにいた。あの日、冷たい雨に降られ、すっかり冷え切っていた体は3日経った今朝になってもまだ冷たい気がした。 邦夫もあの日は傘を差さずに帰って来たという。 「迎えに来て」 そのひとことが出ずに濡れて帰宅した。その電話があればもっと近くに感じられただろう。  昼過ぎ、今にも降り出しそうな暗い雲が鬱陶しい天気だったが 順子は気分を変えたいと思った。正月の支度にはまだ早い師走の街にパッチワークの布を見に出かけた。薄手のコートを羽織ったが、「新しいコート一枚くらい買っても罰は当たらない」と少し奮発する冒険心だけをお財布に詰めて、結局、布だけを買ってくる自分を良く知っていた。 ユザワヤは横浜ベイサイドにもある。しかし順子は日吉で乗り換え、市営グリーンラインに乗り、都筑センター北駅で降りる。「あいたいショッピングタウン」にその店はあった。横浜駅のキラキラしたベイサイドエリアは若向きの店が多く落ち着かない。どちらかと言うと100円ショップなどが並ぶ庶民的なセンター北駅付近のほうがゆっくりと買い物ができた。ショッピングタウンは、ところどころにまだク…

続きを読む