第7話 男役  芦野信司(挿絵も)

「夕食までもうひと頑張りしてくる」  美由紀はそう母に言い残し、二階の自室に戻ってきた。ビーフシチューのにおいがスエットの上着について入ってきた。美由紀は机の上に開いた教科書のページを二三度めくって見たが、少しも頭に入ってこなかった。  昨夜、父が美由紀に対し怒鳴った言葉が蘇る。「すねっかじりのくせに」「自分の父親が憎いのか」これまであんな風に怒鳴られたことはなかった。思い出すとまた悔しくなる。  親に経済的な負担をかけているのは分かっている。高校生になったら、たくさんアルバイトをして、父の負担にならないようにしてやる。そう言い放つことができたら、気持ちは多少すっきりするだろう。でも、それは父へ反発する心が言わせるだけで、本当はやらないだろうと自分でも思っている。宝塚受験のためには、いろいろなことを学ばなくてはならない。高校にはいったら、いままでお留守にしていたバレエを習わなくてはならず、それにはお金も時間も要る。美由紀の家は富裕ではないにしても、世間に名の通ったソフトウエア会社でマネージャーと呼ばれる父が出せないレッスン料ではないだろう。現に、今でも日吉の音楽スクールに毎月五万円の授業料を払っている。高校の音楽科へ入学したら、音楽スクールの月謝をバレエスクールの月謝に振り替えることをねだろうと美由紀はこっそり計画していた。  まして、美由紀が父を憎いと思ったことなどないのに、なぜあんなに怒ったのか。……… それに、母が急に父に殴りかかったことも美由紀には不思議な光景だった。はじめてみ…

続きを読む