第4話 冬の蝶    芦野信司 (挿絵も)   

 土曜日の図書館の学習コーナーは静かで、紙をめくる音、書きものをする音、そしてときおり椅子の位置を変えるきしみ音がするだけだ。十二月の慌ただしさはここにはない。ゆっくりと時間が過ぎていく。ただ、ここに集まっている学生の内面はそうではないはずだと美由紀は感じていた。年が開ければ、受験シーズンとなる。一人一人がそこから人生のコースを変えていくのだから。美由紀の心も落ち着かない。まだ迷っている。  美由紀の第一志望は、音楽科のあるA高校だ。中学二年の三者面談ではじめての進路指導があった。「宝塚音楽学校に行きたい」答えると担任の先生と母は顔を見合わせた。母にも言ったことのない美由紀の気持ちだった。「木田、おまえ本気か?」と聞く担任。美由紀は頬が燃えるのを感じた。しかし、他に行きたい学校がある訳でもないので「そうです」と答えると、今度は腕を組んで困っていた。数日後、音楽の先生から呼び出された。担任から相談されたのだという。そこで「県下にはこういう高校もある」と薦められたのがA高校だった。「宝塚に一発合格することはまず無いから、ここで勉強しながらチャレンジしてもいいんじゃないかな。十八歳まで受験できる。厳しいぞ」音楽の先生は楽しそうに言ったのだった。  それ以来、音楽の先生は親身に指導するようになった。美由紀は所属するクラブを陸上部からコーラス部へ変更し、毎日発声の朝練に通った。音楽科の受験のためには、実技以外にも身につけなければならない科目があり、先生は日吉にある自分の知り合いのスクールを紹介し…

続きを読む