第3話 ターゲット かがわとわ

「パパ、あのね」  書斎のドアを半分開けると、秋江はひょいと顔を突っ込んだ。 「ノック! やり直し!」  軽くため息をついたパパだったが、その目は笑っていた。秋江は一度ドアを閉めてから、右手を緩く握り、第二関節でコン、コン、コン、と軽く叩く。 「うむ。入りたまえ」  わざとらしいつくり声が、中から響いた。 「はいっ、お土産!」  秋江は、後ろ手に隠していた小箱をくるりと体の前に回して、肘掛け椅子に座ったパパに差し出した。ミッキーマウスがプリントされている。 「ディズニーランドか。ママと? パパも誘ってくれなくちゃ」 「違うよ~。友だちと。どっちにしても、パパ、いないことが多いくせに」 「つきあいが大変なんだよ。支援者との会合は、大抵週末だからな」 「東坂(とうさか)勝茂(かつしげ)、東坂勝茂をよろしくお願いします」  秋江は、ウグイス嬢のマネをしてみせた。パパが箱の蓋を開ける。スイングするミッキーの絵が入ったゴルフボールセット。 「ね、可愛いでしょ。使ってね」 「せっかく秋江からもらったんだから、飾っておくよ。ありがとう」 「え~。こんなに可愛いんだから、みんなに見てもらわなくちゃ」 「──学校の友だちと行ったのか。まさかボーイフレンドじゃないだろうな」  パパったら、もう。私にはボーイフレンドなんて。だって、私が好きなのは……。 「ユッコと二人で行ったの」 「ああ、あの子か。秋江は、時々あの子の話をするな」 「前みたいに、ちょくちょく会ってないけどね。…

続きを読む